1. 卒寮生の進路状況

卒寮生の進路状況

昭和36年3月の第1期生11名の卒寮後、平成29年3月の第57期生5名の卒寮までに合計288名が卒寮し、社会のあらゆる分野において活躍しています。

国家・地方公務員

財務省・外務省・経済産業省・県庁など

35

公共サービス機関

JR、NTTなど

25

学校の研究者、教員

大学教授などの研究者、高校・中学教員など

20

メーカー

日本IBM、日立製作所など

86

金融機関、商社

三井住友銀行、三井物産など

42

マスコミ・情報会社

朝日新聞・日本経済新聞など

13

スペシャリスト

弁護士、医師など

9

大学院博士・修士課程在学中

19

その他

起業・司法試験準備中など

39