沿革

沿革

年号 歴史
昭和32年 1月 設立
4月 茅ヶ崎仮学生寮に第一期育英生11名入寮
昭和33年 4月 旧板橋学生寮完成
昭和36年 3月 第一期育英生卒寮
昭和42年 3月 創立10周年記念行事実施
昭和52年 3月 創立20周年記念行事実施
昭和59年 1月 創始者松尾國三初代理事長逝去
1月 第二代理事長に松尾波儔江就任
昭和62年 4月 創立30周年記念行事実施
平成2年 4月 旧板橋学生寮改築工事のため杉並仮学生寮に移転
11月 留学育英生受入開始(第34期生)
平成3年 6月 現板橋学生寮完成
11月 松尾波儔江第二代理事長逝去
平成4年 1月 松尾日出子第三代理事長就任
平成6年 12月 大韓民国学生部表彰を受賞
平成9年 4月 創立40周年記念行事実施
平成12年 3月 板橋学生寮改修工事実施
平成15年 11月 大学院及び海外留学育英生に対する学資金等貸与制度制定
平成16年 12月 松尾育英会関係規定改訂
平成18年 4月 創立50周年記念行事実施
平成23年 7月 板橋学生寮改修工事実施
平成24年 4月 公益財団法人へ移行
平成27年 11月 松尾日出子第三代理事長退任
11月 松尾國之第四代理事長就任
平成29年 4月 創立60周年記念行事実施

歴代理事長

初代理事長松尾 國三 まつお くにぞう

初代理事長松尾 國三 まつお くにぞう
明治32年6月8日生まれ昭和59年1月1日逝去(84歳)
逝去の時の役職
財団法人松尾育英会初代理事長
日本ドリーム観光(株)取締役社長
雅叙園観光(株)取締役社長
富士興業(株)<現(株)富士プロジェクト会長>
他十数社の社長
元日本駐在メキシコ名誉領事

財団の設立者松尾國三は、旅回りの役者から身をおこして15歳で興行師として独立。戦前から歌舞伎の地方興行などを通じて松竹(株)と関係をもち、戦後にはいると日本ドリーム観光(株)の経営にあたった。そのほか、市川猿之助一座の中国歌舞伎公演、日米修好百年祭の歌舞伎渡米公演を手がけて国際的にも活躍するなど、興行界の立志伝中の人物である。

第二代理事長松尾 波儔江 まつお はずえ

第二代理事長松尾 波儔江 まつお はずえ
明治34年10月15日生まれ平成3年11月20日逝去(90歳)
逝去の時の役職
財団法人松尾育英会第2代理事長
日本ドリーム観光(株)取締役社長
富士興業(株)<現(株)富士プロジェクト>取締役社長
(株)新歌舞伎座取締役社長
松尾塾子供歌舞伎初代塾長
文部大臣感謝状を授与される

松尾波儔江は、名子役から中山延見子(後年、市松延見子と改名)の芸名で一座をもつ人気女役者となり、國三と結婚後も共に海外公演や各事業で活躍。85歳の時「今の子供達に歌舞伎を通して日本人の心を教えよう」と、入会金・月謝不要の松尾塾を開塾し、芸能界には何の関係もない関西の一般家庭の青少年男女を育成。子供歌舞伎の作・演出・演技指導に情熱を注いだ。

最高顧問(第三代理事長)松尾 日出子 まつお ひでこ

最高顧問(第三代理事長)松尾 日出子 まつお ひでこ
昭和8年8月24日生まれ
役職
(株)富士プロジェクト代表取締役会長
松尾塾子供歌舞伎第2代塾長
特定非営利活動法人キャリアワールド理事
財団法人遠藤実歌謡音楽振興財団理事
財団法人伝統文化活性化国民協会評議員